由布岳登山

4月23日(月)に大分の皆さんと「由布岳」に登りました。
お天気にも恵まれ、楽しい一日でした。
画像

正面登山口から見た「由布岳」です。別名「豊後富士」とも呼ばれ、大分県を代表する秀峰で「日本200名山」のひとつです。
画像

山頂部は東峰と西峰に分かれた、立派な「双耳峰」です。(これは飯盛ヶ城から撮影したもの)
その分岐に位置するのがその名も解りやすい「マタエ」です。この奥にいくつか火口跡があり、冬の間は「霧氷」が見られる別世界です。大きい火口跡は秋の紅葉の時期「お鉢巡り」が有名です。
画像

画像

こちらが東峰です。
そして下の写真がが西峰です。
画像

総勢17名でしたが、余力のある皆さんは「飯盛ヶ城」と呼ばれる由布岳の手前にある「こんもり」とした山にも
登りました。そして一輪だけ見つけました「エヒメアヤメ」です。絶滅危惧種に指定されている貴重なアヤメです。
ここがこの花の南限です。これから開花の時期を迎えますが、そっと見るだけにして欲しいものです。
画像

画像

この記事へのコメント

レッド・パイン
2012年04月26日 03:51
うわー 気持ちよさそうですね。
雄大な山容が見事です。

この記事へのトラックバック